テニス・ソフトテニス・バドミントン用品を激安特価で販売。テニス・ソフトテニス・バドミントン専門ショップ「スポーツショップトークス」 ホームサイトマップトークス店舗情報お問合せ
ソフトテニスラケットの選び方(ヨネックス、ゴーセン、スリクソン、ミズノ)
テニス  ソフトテニス  バドミントン  シューズ  ウェア  バッグ&アクセサリー  リンク集
HOME > ソフトテニス > ソフトテニスラケットの選び方

プレイスタイルに応じたラケット選びでめざせ、世界制覇!

ソフトテニスラケットの選び方

ソフトテニスラケットの種類もさまざま。一番良いソフトテニスラケットとは、個々のプレイスタイルに合ったソフトテニスラケットがベストのソフトテニスラケットです。
当店では、適切なアドバイスと情報を提供し、あなたにとってベストなソフトテニスラケット選びのお手伝いを致します。

  通販キャンペーン(送料:200円引き
★ラケットキャンペーン ガット25%OFF&ガット張り工賃サービス。
 ● ご注文の際に一緒に ご注文下さい。(グリップテープ他 小物)

ヨネックスソフトテニスラケット(25%OFF〜30%OFF)ミズノソフトテニスラケット(20%OFF〜25%OFFゴーセンソフトテニスラケット(30%OFF)スリクソンソフトテニスラケット(23%OFF〜30%OFF)の機能性や選び方また在庫状況を掲載し激安特価お買い得価格で販売しています。

  1. ソフトテニスラケット(フレーム)の形
  2. ソフトテニスラケットの面(フェイス)の大きさ
  3. ソフトテニスラケットの重さ
  4. ソフトテニスラケットのバランス
  5. ソフトテニスラケットの厚さ
  6. ソフトテニスラケットのフレックス
  7. ソフトテニスラケットのグリップサイズ
  8. プレイスタイルによって  
  ソフトテニスラケット マトリックス・スペック表 

1.ソフトテニスラケット(フレーム)の形

ソフトテニスラケットの形には、大きく分けて シングルシャフトとダブルシャフトの 2種類の形があります。

シングルシャフトは、振り抜きが良く シャフトのしなりでボールを飛ばす事ができ ストローク中心の後衛向きのラケットです。
ダブルシャフトは、操作性と面安定性が良く 強いボールに対応する ボレー中心の前衛向きのラケットです。
最近では、新ルール対応ラケットとして 新タイプのダブルシャフトの 後衛用ラケットが発売されています。

このページのトップへ戻る

2.ソフトテニスラケットの面(フェイス)の大きさ

ソフトテニスラケットの面の大きさは、80平方インチぐらいから100平方インチぐらいまで さまざまです。

初心者は、面が少し大きめの90平方インチから100平方インチのラケットが良いでしょう。

面が大きいラケットは、スウィートエリアが広く飛びが良く非力なプレーヤーに向いています。また、ボレー中心の前衛向きのダブルシャフトのラケットに 多くの種類があります。

逆に 面が小さいラケットは、スウィートエリアは小さくなりますが スイングのパワーロスが少なく コントロール性に優れ スイングスピードの速いパワープレーヤーに向いています。
また、ストローク中心の後衛向きのシングルシャフトに 多くの種類があります。

このページのトップへ戻る

3.ソフトテニスラケットの重さ

最近のソフトテニスラケットの重さは、新素材の開発などにより 全体的に軽めになり、プレイスタイルも変わってきています。

ソフトテニスラケットの重量は、200gから280gぐらいのものがありますが、最近は 240g前後のラケットが主流のようです。

ヨネックス XFL(201〜215g)、UXL(216〜230g)、UL(231〜245g)、 SL(246〜260g)
ミズノ ZSL(201〜215g)、XSL(216〜230g)、USL(231〜245g)、SL(246〜260g)
ゴーセン USL(236〜250g)、SL(251〜265g)、L(266g以上)
ダンロップ USL(平均230g)、SL(平均245g)、L(平均255g)

軽いラケットは、操作性が良く 厚ラケで飛びが良いモデルが多く 非力なプレーヤーに向いています。

逆に 重いラケットは、攻撃的で重いボールを打つ事ができ スイングスピードの速いパワープレーヤーに向いています。

このページのトップへ戻る

4.ソフトテニスラケットのバランス

ラケットが静止した状態で つりあいのとれるポイントを グリップエンドからの長さで表示し、
数値が小さいほどトップライト設計で 逆に数値が大きいほどトップヘビー設計になります。

トップライトのラケットは、重心が手元にあり 実際のラケットの重量よりも軽く感じ 操作性が良く俊敏な動きを必要とする ボレーを中心の前衛に向いています。

トップヘビーのラケットは、重心がラケットの先にあり 軽いラケットでもパワーを発揮し強いボールを打つ事ができ ストローク中心の後衛に向いています。

このページのトップへ戻る

5.ソフトテニスラケットの厚さ

ソフトテニスラケットの厚さは、大きく分けて 飛びの良い厚いタイプと ボックス形状などの薄いタイプの 2種類があります。

厚いラケットは、軽量で反発性に優れ 非力なプレーヤーに向いています。

逆に 薄いラケットは、面の小さいラケットが多くコントロール性に優れ スイングスピードの速いパワープレーヤーに向いています。

このページのトップへ戻る

6.ソフトテニスラケットのフレックス

フレックスとは、ラケット(シャフト・フレーム)の硬さの事で、ボールを打ったときの ラケットのしなり具合で「柔らかめ」、「硬め」と表します。

柔らかめのラケットは、シャフトのしなりでボールを遠くまで飛ばす事ができ 非力なプレーヤーに向いています。

逆に 硬めのラケットは、スイングのパワーロスが少なく コントロール性に優れ スイングスピードの速いパワープレーヤーに向いています。

このページのトップへ戻る

7.ソフトテニスラケットのグリップサイズ

ソフトテニスラケットのグリップサイズは、2,3種類のサイズがあります。

ヨネックス 0、1、2 数字が 小さいほどグリップは、細くなります。
ミズノ 0、1
ゴーセン 0、1、2
ダンロップ 0、1

太いグリップのラケットは、力が入りやすく強い打球に対応するボレー中心の前衛に向いています。

細いグリップのラケットは、リストを柔らかく使うストローク中心の後衛に向いています。

ラケットのグリップにグリップテープを巻くプレーヤーが多く、テープを巻く事でグリップが約ワンサイズ太くなります。
その事も考慮し、基本的には自分の手の大きさに合わせて グリップサイズを選ぶと良いでしょう。

このページのトップへ戻る

8.プレイスタイルによって

ソフトテニスラケット選びには、自分のプレイスタイルやスイングスピードに合ったラケットを選ぶ事が重要です。

多種多様なソフトテニスラケットの特徴を把握し、自分のプレイスタイルに合ったソフトテニスラケットを選び、より充実したソフトテニスライフを お楽しみ下さい。

ソフトテニスラケット マトリックス・スペック



ヨネックスソフトテニスラケット スペック表


ヨネックスソフトテニスラケット スペック表


このページのトップへ戻る